お得

なぜコンビニのサンドイッチは高いのか?〜少し真面目に考えてみた〜

どうも!こんにちは!ぺち丸です!

ふと思いました。

ぺち丸
ぺち丸
コンビニのサンドイッチ高くない?

こんな需要がどこにあるかわからない疑問を真面目に考えてみました。

サンドイッチは普通に250円くらいしますよね。
(カツサンドとなれば350円くらいします)

パン1個とコーヒー買える値段です。

高いと思ったら買わなくていいやん!と思うかもしれません。
しかし困ったことに

サンドイッチうまいんですよ(ボソッ)

自分が好きなのはシンプルにハムとレタスを挟んだセブンのシャキシャキレタスです!
あのシャキシャキ感がたまらないんです!!笑

でも値段を見るたびに考えてしまうんです。
パン&コーヒーか、サンドイッチ&コーヒーにするか・・・

ちょっぴり豆知識つけていきませんか?

サンドイッチが高い理由
  • サンドイッチの原価料が実は・・・
  • 大量に陳列している効果があるから
  • 【おまけ】サンドイッチはカロリーが低いのは本当か?

 

きっとこの記事を読み終えたら友達にドヤ顔して説明できます。

コンビニのサンドイッチが高い理由

生の野菜を使用している

シャキシャキレタスのあのシャキシャキ感はやはり新鮮な状態があるのが必須です。

やはり生なので賞味期限が短い。

つまり売れなかったら間違いなく廃棄になってしまいます。

商品全てが売れるとは限りませんよね。
なので一つ一つの利益を上乗せしておく必要があります。

ぺち丸
ぺち丸
これが高い理由です!
〜商売の基本〜

「値段は原価の3倍」であることを覚えておきましょう。

今回の例では
サンドイッチが250円なら原価は75円ほどです。

残りは「諸費用」+「利益」です。

コンビニ商品の廃棄率を下げる工夫

とはいえ、売れ残りが発生することの方が多いです。

お店側も廃棄率を下げるための工夫をしているそうです。

  • 早朝から仕入れたサンドイッチはお昼には無くなるよう仕入れ量を調整している。
  • 夕方にはほとんど残ってないのはその時間帯にサンドイッチよりかは弁当系が売れていくため。
確かに夕方のコンビニって残っているサンドイッチって少ないかも・・・

サンドイッチが大量に陳列されている理由

サンドイッチコーナーに足を運ぶとサンドイッチがズラーと並んでいますよね。

こんな全部売れるわけないやん!
と常に思ってます。笑

ですがこの大量設置に秘密があったのです。

おそらくあなたもこの術にハマってます。

相対的に価格上限が設定されている

惣菜パンだと単純に他の小さなパン屋でも販売されていますよね。
それって、つまりは他店と価格を比較されやすいんです。

価格の目立つ商品は利益をあまり乗せられない。ちなみに、砂糖や塩、ペットボトルドリンク等も同様で、どこでも売ってる商品程、客寄せパンダとして扱われる。

引用先:yahoo知恵袋

つまりは便利で比較的なんでもあるコンビニについつい寄っちゃいますよね。

寄ったついでに買おう!って思わせる戦略だといえますね。

ぺち丸
ぺち丸
確かに余計なもの買ってしまうかも・・

大量陳列の効果

これはサンドイッチだけではないですが、コンビニのビジネスは簡単に説明すると

「ついで買い」
「視界に入れる」

これを徹底してます。

振り返ったらペッドボトルが視界に入り、また振り返ったらおつまみがあったり・・・
そんな「ついで買い」をさせてしまう戦略です。

【おまけ】サンドイッチは太る!?

一見おにぎりと比べてヘルシーなイメージがあると思いますが実際のところはどうなんでしょうか?

おにぎり サンドイッチ
カロリー 179kcal 233kcal
炭水化物 40g 18g
脂質 0.3g 13g

炭水化物はおにぎりが脂質はサンドイッチが値が大きいですよね。

炭水化物=体を動かすときの必要なエネルギー。

脂質=脂肪がつきやすい。

ぺち丸
ぺち丸
サンドイッチって意外に太りやすい食べ物なんだ!

 

しかし種類によってはサラダを摂取できる物もありますので一概におにぎりの方がいいという訳ではありません。

要はバランス良く食べましょう!!ってことです!笑

まとめ

いかがでしたか?

サンドイッチの高い理由をおさらいしましょう。

サンドイッチは生の野菜を使用しているので賞味期限が短い

なので一つ一つの利益を上乗せされている

何かと便利なコンビニに立ち寄りついつい買ってもらのが戦略

また意外だったかもしれない

サンドイッチは意外に太りやすい

偏った食事じゃなくバランス良く食事しないといけません。

世の中甘くないね!

高いと分かっててもつい食べたくなるサンドイッチ・・・
おそろしい商品です。笑

 

ABOUT ME
ぺっち
ぺっち
わいのブログ見たってや〜